2013年03月08日

今春のダイヤモンド富士(藤沢近辺)

もうそろそろ時期なので,大雑把な計算をしてみた。
太陽の中心が富士山頂の中央付近を通過する日。

 深谷通信隊 3/17〜18
 小雀浄水場 3/22
 職場の屋上 3/25
 武田薬品  3/28
 片瀬山   3/31〜4/1
 新江ノ島水族館 4/4

職場屋上は関西から帰ってくる日か〜。間に合うかなぁ。
春は天気がイマイチのことが多いけどね。
posted by つかもと at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 理科っぽいもの

2013年02月28日

背伸びをしている富士山

地球の大気は地表で濃く上空で薄いので,屈折率にムラがある。
そのため,太陽から地表に届く光は,大気内で曲がって進む。
これを大気差と呼んでいて,
例えば地平線上に見えている太陽が,実際の位置は太陽1個ぶんだけ下だったりする。


ここから70km先にある富士山頂は,本当にあそこにあるのだろうか?


と思ったので,Excelで計算してみた。

地表での気圧を1013.3hPa,気温を15℃,湿度を50%の屈折率を1.000276228とし,
各高度での気圧,気温は理科年表記載の標準大気のモデルに従って求め,
各高度での屈折率 n1 の算出は以下の式を用いた。

 n1 = 1 + (n0 - 1) * P / 1013.3 * T / 288.15

P はその高度での気圧(hPa),T は気温(℃),n0 は地表の空気の屈折率である。

続きを読む...
posted by つかもと at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 理科っぽいもの

2012年12月04日

写真展のお知らせ

Physical_Graffiti_poster_pon(blog_fb).jpg

来年のことを言うと鬼が笑うのを承知で(笑)


2月5日(火)〜2月10日(日)の日程で行われる写真展

 PHYSICAL GRAFITI -Part 1-

にトイカメラ等で撮った写真を出品します。予定(笑)

日常業務忙しくて,いつ展示写真を引き伸ばしにいったらいいのか,
自分のスペースをどうデザインしたらいいのか,
まだ頭の中全然白紙なんですが。

少しでも個性のあるものを提供できたらと思っています。

お近くにお越しの際はぜひ!

下北沢に行ったことのない方も,この機会にぜひ!


会場: 下北アートスペース SPACE A

 下北と言っても青森県じゃないよ!
posted by つかもと at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2012年10月14日

秋の花火大会

昨日は藤沢市花火大会。
以前,真夏にやっていた「江ノ島花火大会」が終わって,
代わりに規模を縮小して,秋の実施になりました。

鎌倉のように,狭い路地まで人が溢れかえるようなのとまた違い,
落ち着いて見られるというのは嬉しいです。

20121014a.jpg

仕事帰りに,川べりから見ました。
使用したカメラはすべて Pentax Optio H90 。
横筋が入って見えるのは,対岸の電線です。

続きを読む...
posted by つかもと at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月30日

中秋の名月でパール富士。

今朝片瀬山で,満月が富士山頂に沈む
パール富士が見られるということで,撮ってきました。

今晩台風が通過するようなので天候が危ぶまれましたが,
風も無く天頂は星も見えていました。
地表は霧っぽくて,
富士山そのものはほとんど見えませんでしたが,
月に照らされて山頂の凹凸は何とか見えました。

中秋の名月で,パール富士。
実は湘南ならではの風景です。

大気差の影響はあまり感じられなかったようにも思えますが,
作った計算式通りの見え方でした。

朝からいいことあった!

20120930a.jpg
posted by つかもと at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 理科っぽいもの

2012年09月27日

ダイヤモンド富士の計算(湘南エリア限定)

某シュミレーションソフトでの計算結果を信用して「ダイヤモンド富士」の撮影に行ったが、実際の太陽が、計算結果よりも1日分ずれたところに沈んでしまい、撮影に失敗した。
どうも太陽の位置のデータの精度に問題があるらしい。
そこで、信頼できる国立天文台のデータを利用して、ダイヤモンド富士が見られるかどうかを判定する式を作った。
2日間(それぞれ別の観測地)の観察から、この式で大きなずれはなさそうだと判断している。

注意

・この計算式を利用したいかなる結果に対して、一切責任を持ちません。

・この式は、富士山の真東にある湘南エリア(平塚〜逗子)の観測地での使用を想定したものです。北や南にずれた地点では誤差が大きくなります。



1.富士山頂の見える仰角・方角を計算する

続きを読む...
posted by つかもと at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 理科っぽいもの
Powered by さくらのブログ