2011年05月04日

フレーミングのお勉強

 「写真撮影とらの巻 フレーミング実例事典」(山口高志 著)

型にはまったフレーミングなんて,個性的でない!

という前に,典型的なフレーミングを知らずに個性は表現できない。
と思って買いました。

1つの被写体でも,ちょっと立ち位置を変えたり,
ちょっと望遠してみたりすれば,全然違った印象の写真が撮れる
というのはよくわかりました。
やはり,いい勉強になります。


ただ,本にあるような自由なフレーミングのためにはやはり
ン十万円とかする望遠レンズは必要。
トイデジにはきついかな。

ま,それでもを何とかしようというのが
トイデジの醍醐味であります。
posted by つかもと at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・CD
この記事へのコメント
左手の法則かと思いました。
Posted by 56K at 2011年05月05日 00:04
それはフレミング,

とひねりの無い突っ込みをしてみます。
Posted by つかもと at 2011年05月19日 06:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44831937
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ